オーランドタクシー事情

アメリカ旅行編の始まりはこちら

Uberは本当にすごいですね。

●Uber前

・ホテルのフロントにタクシーを呼んでもらう(2分で来ると言ったのに15分待っても来ず)

・乗る前に値段を提示されるが妥当な価格が分からないので言い値に従うしかない

・空港からホテルまで70ドル

・ホテルから最寄りのWDW施設まで20ドル

●Uber後

・アプリで今いる場所にタクシーを呼べる

呼び出す前におよその金額が表示されるので判断できる

・ホテルから空港まで25ドル

・ホテルから最寄りのWDW施設まで7-9ドル

安いのは多分タクシーのランクによります。

正規タクシー会社ではない個人でもウーバーに登録できるらしく、配車時に種類を選択します。

車にタクシーのメーターはついてなくて、運転手もスマホアプリを使ってるようです。

若干心配になりますが、そこはUberのシステムを信じるしかないのかなと。

実際に使った感じは「凄い!」としか思えませんでした。

海外旅行前にはUberの準備をしておくことをお勧めします。
っていうか、我々の旅行プラン、空港とホテルの間の移動は自分でしてね、というものだったのですが、もはや注意書きに書いておいてもいいレベルなのでは!


次は、帰国後にしたUberの話を挟みますが、オーランド旅行はまだまだ続きます。

やせたヨメ

アメリカ旅行編の始まりはこちら

食事の量はものすごいですね。
大きいから量が多いのか、量が多いから大きくなるのか。

ミナに言わせると日本人がやせすぎなんですね。

アメリカではおれの腹も出てないってことになります。

次は知っておきたいタクシー事情。


今日のおまけは、オーランドのFantasmic(の一部)

なくす女

アメリカ旅行編の始まりはこちら

昨日の続きです。

しょっぱなから体調を悪くしたミナでした。
しかし、本当に短時間でどんどんものをなくすミナです。
奪われたエプコットのピンも、たしかこの日のうちになくしてました。

ところで、個人的には全然興味もなかったアナ雪のショーがめっちゃ楽しかったです。

舞台での演技を見るのかと思ってたら、なんかみんなで映画のハイライトを一緒にみる感じなんです。
で、みんなで歌うんですよ。

何がいいって、周りがみんなアメリカ人で陽気というかノリがいいというか、大人もこどもも楽しそうにみんなで盛り上がって歌うのです。それが最高。

Let it go 〜♪ とかももちろん!

オラフが出てきたときは、どういうわけか、ものすごくうっとりしたため息のような声が聞こえてきて、アメリカ人はオラフを愛してるんだなと思いました。
フロリダって雪が降らないのかな?それで憧れみたいなものがあるのかな?

最近日本でもよく耳にする応援上映とか声出していい映画の上映って、こういうノリなんでしょうかね。


次回はアメリカでミナが痩せた?

聞いただけ

アメリカ旅行編の始まりはこちら

とりあえず聞いたという事実だけ作ったのか、それとも一瞬考えた間にタイムアップだったのか・・・

この4つのピンはオーランドのディズニーの4大パークのアイコンなんだけど、この時点ではあんまりわかってないので「なんだこの木は?ただの木だろ?」とか思ったのです。

マジックキングダム = シンデレラ城
エプコット = スペース・シップ・アース
ハリウッドスタジオ = HOLLYWOOD Tower Hotel
アニマルキングダム = ツリー・オブ・ライフ

今となってはこの木がすごく良く見えます。

ハリウッド・タワー・ホテルの実物。

その看板。TOWER OF TERRORの文字が浮かび上がってくる。

手書き文字の方が好きだと言ってくださる方が多くて本当に驚きました。
コメントやメッセージくださった皆様、ありがとうございます!

まあ、字が上手いわけでも可愛いわけでもなく、絵柄とマッチしているということなんですね。
どっちも雑だから・・・!


次の話は失くし屋がオーランドでも炸裂!

マジックバンド

アメリカ旅行編の始まりはこちら

他にマジックバンドの機能として、パーク内のカメラを持ったキャストに撮ってもらった写真を後でまとめて購入できるというものがあります。

写真を撮ってもらった後に、キャストの人にマジックバンドをピッとやってもらうと、My Disney Experience というネットの自分のディズニーアカウントにすぐアップロードされて、後でダウンロードできるというもの。

写真代は1日いくらみたいな感じなので、思い出のためにバンバン写真を撮ってもらう人には良さそうだなと思いました。

ひとつ、すごく謎なことがあって、乗り物に乗ったときに自動で撮られる写真もそこに含まれてるんですよね。

特にピッとしていないのに。

ピッとしなくてもどの車両(というのかな)に乗ったかくらいは特定できるということでしょうか。

これがマジックバンドと入園券。

事前にMy Disney Experience でチケット予約をしていた我々は、当日「Will Call」でチケットを受け取ると聞いてましたが、なんか単純にチケット販売の窓口でもらえました。
(数日後、Will Callの看板だけ見つけましたが)

ふう、マジックバンドを語ってしまった。

昨日の漫画に出てきたポーチに、パスポートとクレジットカードを入れて隠し持つ計画でしたが、マジックバンドで買い物ができなくなったので、しょっちゅう秘密のポーチを出して買い物することになったのです。

ちなみに、くちばしはただのイメージで、実際に付けてはいません。

最後、マジックバンドを使う我々です。

次は、マジックバンドにつけるバッジを買ったのだけど、ミナの傍若無人ぶりが!

ミナの基準

アメリカ旅行編の始まりはこちら

おれなんかはホテルが新しくないとちょっと不満に思ってしまうタイプなのですが、隣で「いいじゃん」って言ってるヤツがいるとまあいいのかなという気持ちになるのでありがたい。

確かに言われてみればめちゃめちゃ広い部屋で、セミダブルのツインだし、アメリカサイズでしたね〜。

これがそのホテルです。
車での利用が基本らしく、敷地も広い。歩くのがちょっと大変でした。

ディズニー中心ならディズニー直営ホテルに泊まるべきらしいですが、我々は格安旅行なので直営じゃないホテルでした。
そのため、後にタクシーで少々損をすることに…

最近、テキストにフォントを利用していたら数名の方から手書き文字を望む声があって驚きました。

小学生のころから字が汚いとみんなに注意されてたおれなのに。

ただ、今回のを見れば分かるかもしれませんが、ツールを変更したので字が微妙な感じになってます。調整中。

次はディズニーワールドに行くぞ!

長いフライト

アメリカ旅行編の始まりはこちら

前の回からの続き。

ネットで調べれば一発ですが、改めて頭で考えるのも楽しいです。
アホの会話になっていますけど。

我々の考察(?)は次で完結!


なかなかアメリカに着きませんね!

タイムマシン

アメリカ旅行編の始まりはこちら

なんども機内食を食べ、映画も観て、眠って、それなのに出発時刻より2時間半も前に着くんです。

混乱は続く。


またもや遅い時間に更新ですみません。
もう日本に帰ってきていて、昨日は仕事もしてきたんですけどね。
おーおー、アメリカー。

マイナス運

アメリカ旅行編の始まりはこちら

ラウンジの利用はミナが見つけてきた「プライオリティ・パス」というものを使いました。
「楽天プレミアムカード」(年会費1万円+税)で「プライオリティ・パスのプレステージ会員」(年会費319ドル)がついてくるというもの。

今回は楽天プレミアムカードのキャンペーンとかで、実際には無料でラウンジ利用できました。
(それなのにお金持ちぶってるおれです)

フライトの度にラウンジ使ってやるぜ!と思っていたのですが、今回の経路では結局成田でしか使えませんでした。利用可能なラウンジと利用したターミナルが合わなくて。

ちなみに航空券に入っていた印というのはこの「SSSS」です。

次回は機上の人に!